04th 1月2017

2017年 新年のごあいさつ

by paco

年が改まりました。毎年恒例の、「去年何した?」と「今年は何する?」をお届けします。
と言いつつ、実は、去年、2016年の新年のごあいさつを書かなかったのです!!
びっくり。

なので、まあ、2年分の振り返りと、2017年の話を書きます。

■2015~16年って何した?

●デジハリ大の新カリキュラムをつくった。

「新入生国内研修」「社会力」「ロジカルシンキングII<コンセプトワーク>」「パブリックスピーキング」
特に「コンセプトワーク」はいい感じのクラスになったので、社会人向けにも展開したいと思っています。
「パブリックスピーキング」は2015年は5人だったので、アドリブでも進行できたけど、2016年は60人で現在クラス進行中。これだけ多くなると、カリキュラムだけでなくクラス運営そのもののノウハウも新規開発になります。こういうノウハウもけっこう重要。

●北杜市選挙、篠原ますがさん、敗戦。

2016年7月末、秋の「北杜市長選挙」「北杜市議会議員選挙」選挙戦がスタートしました。ますがさんの立候補を知り、市議の岡野さん、野中さんと作戦会議の末、選挙にかかわることに。facebookをベースにメンバーに集まってもらい、メンバーとともにかなりのことをやったものの、市長選挙は落選。市議2人は無事当選という結果に。今回の選挙では世界は変えられなかった、革命も起こせなかった。けれど、そこでつかんだものはいろいろたくさんあるので、今後につなげていかなくては。と関係者とも話しているところ。

●研修事業

<おとなの社会科>が僕の研修案件のおよそ半分を占めるようになった。成功案件もいくつも出てきた。
ロジカルシンキング関係は、受講対象がどんどん若くなっている。それに伴って内容も少しずつ改定を続けている。本当は「ロジカルファシリテーション」のようなハイレベルなクラスをもっと増やしたいのだけれど、やはり基礎クラスが多いのが悩み。

●【Life Design Dialogue】

2015年はデジハリ大生が多めだったが、2016年はデジハリOB/OGをふくめ社会人が多くなってきた。あくまでクライアントからの依頼でやっていることなので、それも結果に過ぎない。特に顕著なのが、社会人1~2年目ぐらいでうまく離陸できない事例が増えていることで、これは若い人の問題より、企業社会側の問題のほうが大きいと思う。若い世代の考え方を無視して、「ゆとり」とレッテルを貼って、「実務はできても教える経験の乏しい若い先輩」を貼り付けて指導させ、うまく育てられないと新入社員のせいにするような事例も多い。事情を話さない新入社員の問題もあるものの、育成のマネジメントができていない会社が多い。客観的な「見立て」が若い人を救うことも多い。

●PC環境を駈るために、無駄金をつかいつつダウンサイジング→スマホモバイル定着

2016年はPC環境のダウンサイジングを進めた。androidスマホにbluetoothキーボードを繋ぎ、MSパワーポイントが動き、外部モニタに出力できれば、たいていの仕事は済む。という環境が整いはじめ、モバイル環境ではwindowsPCは不要になった。今は外出時にパソコンを持ちあることはまったくない。研修も講義もうち会わせもandroidスマホだけ。持ち物も軽量化、コンパクト化して、身軽になった。もうPCの時代じゃないという感じ。

●「君の名は。」など、映画たくさん見た

夏に公開された「君の名は。」は、ルル三が先にひとりで見に行き、僕が1人で見に行き、その後、2人で、4回見たという記録的な作品、都市明けてもまだロードショウやってる奇跡の映画。原作も読み、RADWINPSのアルバムも買った。美術監督の丹治匠さんとも会い、今年はイベントをやる予定。詳細決めないと。「この世界の片隅で」「聲の形」「マイケルムーアの世界征服のススメ」「シンゴジラ」「何者」「ゴーン・ガール」(DVD)「怒り」「帰ってきたヒトラー」「高台家の人々」「太陽」などたくさん映画見た。

■2017年は何する?

●選挙。政治。地域社会。

去年の選挙でできていなかったことはわかっていて、

【小さなコミュニティを先に作り、その活動を充実させるためには、政治をよくすることが重要で、よい政治家を自ら探し、選ばなければならない、という「政治感覚」をもっているコミュニティを増やすこと】

北杜市についていえば、コミュニティはすでにあるので、政治センスを持ったコミュニティリーダーをつくる必要がある。リーダーシップをとらなければコトは動かないし、発揮すると僕以外がフォロアーになり、主体性を失う。さてどうするか。

●人材育成の仕事

ロジカルシンキング系は、ずっと課題のオンライン講座をやはり作りたい。問題は値付けだ。ちゃんと高く設定したいけれど、それがいいのかどうか。品質的に見合うのかどうか。

<おとなの社会科>は、研修は、いろいろなリクエストに応えられるようになってきたので、継続として、セミナーをどうするか。思い切っていったん休会とするか、お悩み中。

●【Life Design Dialogue】でセルフイメージの低い人と話す

こちらは引き続き、時間のあるときに続ける。デジハリ生向けも増やすつもり。テーマ的に、セルフイメージが低い人と何を話し、伝えていけばいいかをひとつの課題にしたいと思っている。このタイプの人に何を提供すればいいか、僕なりの解が見えないというのもあるし、今とても大事ないシューだと感じられる。これは、大学生も大人も共通だけど、特に女性に多い印象はある。

●備忘録的に2017年

「ヤマガラの森」10周年。
佐藤龍太郎さんの「kurofune」プロジェクト始まる。さてどう関われるか。
健康管理、だいじ。2016年末は網膜剥離もやってしまったし。
庭造りや薪割りや家の掃除とかメンテとか。生活の諸々の時間があまりとれない。ゆとりがないというか。
なんか新しいことやりたいな。

という感じの2017年式pacoさんをよろしくおねがしいます。

Off

Comments are closed.