17th 9月2012

ロジカル問題解決研修の詳細

by paco

「ロジカル問題解決」

ロジカルシンキングは、大きくコミュニケーション(ピラミッドストラクチャをつかう)と、問題解決に分かれます。問題解決に特化したこの研修では、3つのステップで考える定型的な問題解決のプロセスを学び、基本を押さえることで、問題解決を的確にすると同時に、同じ解決策に至ったとしても、その解決策が最善であることを誰にでもわかる形で説明できることを目的にしています。

■ねらい

  1. 問題解決のベーシックなプロセス(where?→Why?→How?)を徹底的に学ぶ。
  2. イシュー、ロジックツリー、因果関係など、問題解決のツールの使い方を学ぶ。
  3. 特にむずかしいwhere?の設定の仕方をくり返し学び、「いきなりWhy?やHow?の行かない」という思考習慣をつける。

■対象

全年齢、全階層(新入社員には向かない)
主に:若手中堅社員、アラカルト型研修

■標準仕様

日数:1日
人数:6~30名まで
事前課題1:「はじめてのロジカル問題解決」精読
事前課題2:「イシューを書き出す」ワークシート

■カリキュラム

  1. ロジカル問題解決の全体像、ねらい
  2. クイズ:「問題ってなに?」
  3. 課題1:「遅刻が多い」
    • where?を書き出す。where?の意味をつかむ。
    • where?のロジックツリーをつくって明確にする。
    • Why?を問いかけ因果関係をつかむ。
    • How?のロジックつくり、解決策をリストアップする。さらに絞り込みによって、上位3案を選ぶ。
    • 全体をまとめるワークシートを書く。
  4. 課題2:「若手社員の離職が多い」
    • where?
    • Why?
    • How?
    • まとめ
  5. 今後に向けて
    • 使う場面についてイ議論する。
    • 使い方で工夫が飛鳥な点を押さえる。
  6. 全体のまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です