13th 9月2012

ビジネスパースンの視野を広げる<おとなの社会科>

by paco

日常業務は意欲的に取り組むけれど、その枠をはみ出す意欲がもう一歩。ビジネスはどんどん変化しているし、変化を見抜き、新しいことに対応する力を身につけてほしい。そんな期待に応える人材を育成したいという企業に採用いただいているのが、<おとなの社会科>です。

13th 9月2012

次世代リーダーを育成する構想力育成メニュー

by paco

企業の次世代を担う期待のかかった中堅ビジネスパースンに、時代を切りひらく構想力を身につけさせるメニューです。グローバル人材の育成というテーマになっていることも多く、グローバルビジネスリーダー育成プログラムと位置づけられることもあります。次世代リーダー都グローバル人材が完全にオーバーラップしてきたのが、2010年代の特徴と言えます。

僕は取材者として1980年代から多くの企業で生の話を聞く仕事をしてきました。企業のグローバル化が言われはじめたのは90年代でしたが、実際にはごく一部の人材に限られており、グローバル化人材と次世代リーダーは、別物でした。しかし2010年代に入り、次世代リーダーの要件にグローバル対応が必須になり、逆に、グローバル人材は単に海外に強いということではなく、企業の未来を引っ張る人材であると定義されるようになりました。こうして、次世代リーダーとグローバル人材は、重なってきます。

では改めて、次世代リーダー(グローバル人材)とは何か。僕が考える要件は次のようなものです。

  1. 世界の現状についての幅広い認識を持ち、ビジネス上の小さなことであっても、世界の視点で判断できること。
  2. 長期的な未来についての展望があり、ビジネス上の小さなことであっても、長期展望との整合性をもって判断できること。
  3. これらのふたつの判断力に従って、ビジネスの未来を画く構想力があること。
つまり、空間と時間の両面で洞察力のある人材です。もちろん、当然のことながら、英語ができる、中国語ができるなど、ビジネスの相手先にあった言語能力は必須として、あえて入れていません。実際には必要な言語能力は、企業ごと、仕事によっても変るでしょう。経営能力、いわゆるMBAスキルはどうでしょうか。確かにMBA的な経営学のスキルはその基礎的な理解は必須といっていいでしょう。しかしどのレベルまでの知識が必要かは、同じく、企業ごと、仕事によって違いがあります。

では上記のふたつの要件はどうでしょうか。

日本国内で主に仕事をするリーダーなら、英語力はそれほど必要ないかもしれないし、営業部門のリーダーなら、財務の知識はそれほど必要ないかもしれません。しかし、これからのリーダーなら長期的な未来の展望に立って、今何をするべきかを考える判断力は、ぜひとも必要です。同じように、マーケットや競合などを世界的な視野で分析して判断する力も不可欠です。どのような職種、どのような業種でも、共通して持たなければならない、次世代リーダーの資質が、このふたつです。そしてそのふたつをベースに、これから何をすればいいのか、構想を立てることができれば、真にビジネスを任せられるリーダーと言えるでしょう。

今、多くの企業で次世代リーダーの育成を行いたいと考えているものの、ではそのリーダーの資質・能力とはどのようなものなのか、明確になっている企業は、意外に少ないと感じています。

実は、上記の3つの資質は、僕自身が世界のビジネスと日本企業の課題を独自に研究し、それと現在の30~40代のビジネスエリートを対照する独自の活動を通じて見出したもので、オリジナリティの高いものではあるものの、ねらいは正確だと確信しています。

さらに、このようなねらいに合わせて、実際に何を学べばいいのかを検討し、リーダーだちに学んでもらい、その有効性を確認できたものが、以下の研修プランです。

次世代リーダー、グローバル人材の育成は急務であるものの、実際にどのように育成すればいいか、迷いのある人材育成担当者の皆様に、魅力的なソリューションになると思います。

いずれのプランも、ニーズに合わせて複数回行っていますが、テーマの選定、アウトプットイメージ(最終成果物)などは、個別にコンサルティングの上、個別にプランニングして、提供しています。

「未来創造ワークショップ」

チーム単位、個人単位で、10~20年後の提案事業を提案するワークショップ。セッションを通じてつくったプランは、上位階層を含む多くの人に対してプレゼンし、評価を受けることができるよう、研修全体を設計する。単に事業企画をつくるのではなく、30~50年先の社会を予測し、その社会に対して何をするべきかを明確にした上で、それに対応するビジネスを提案する。バックキャスティングの考え方を使って未来を想定するセッションを行った上で、ソノ未来に対して何ができるのかをプランニングするプロセスを通じて、未来を構想する基本動作を学び、未来を作ることに対する自信を身につける。

「グローバルパースペクティブ研修」

自社の事業は長期的にどのような方向に進むのか。過去を振り返りながら未来を予測するアプローチと、今世界で起きていることをつかみ、それが未来にどのような影響を与えるかをつかむめざす研修。<おとなの社会科>セミナーの豊富ならラインナップから事業にもっともふさわしい領域を選び、深く学ぶことで、ビジネスの未来を見通すパースペクティブ(視界)を獲得する。「教養を身につける」「リベラルアーツ」の学びのようにも見えるが、実際には、そこからビジネスへの展望屁とつなげる点で、大きく異なる。

「ロジカルファシリテーション研修」

ああ