21st 9月2012

仮説設定力研修の詳細

by paco

[仮説設定力研修]

ロジカルシンキングで最も重要な概念はなにかといえば、なんと言っても「イシュー」だ。考える対象を問いとして定めること。一見簡単そうに見えるイシューだが、実は使いこなしは多いのほかむずかしい。それと同時に、実は指導のほうがむずかしい。結論の適切さを指導するより、問いの適切さを指導することの方がずっと難易度が高い。そのせいもあり、イシューに特化した研修はほとんど行われていないのが実態だ。

さらに、イシューは仮説とほぼイコールだ。考えを深めるために立てたイシュー(疑問)に、自分なりに仮の答えを出してみると、それは仮説になる。仮説思考というのは、イシューを積極的に立てる思考と同義である。本研修では、当初のイシューをさらに小さなイシューに分解する「イシューツリー」の考え方をベースに、つくったイシューに仮説的な答えを出したうえで、仮説を使って、的確な判断を行うというアプローチをじっくり実践する。「仮説」までを扱うため、「本当の結論」は出ないのがこの研修の特徴になるため、納得感が出しにくいのがイシューが研修として成立しない大きな理由のひとつだが、イシューと仮説の意味や使い方を明確にして指導することで、納得感を高めている。

■ねらい

  1. ピラミッドストラクチャを実際の企画書やメールに応用する方法をつかむ。
  2. 受講者同士、互いにたがいのドキュメントの不備を指摘し合い、よりよいものにするアイディアを提示する方法を学ぶ。
  3. 受講者(社員)同士、知恵を出し合うマインドセットをつくる。

■対象

ロジカルシンキングを何らかの形で学んだ方が対象
全年齢、全階層
主に:若手中堅社員、アラカルト型研修

■標準仕様

日数:1日
人数:6~30名まで
事前課題1:「はじめてのロジカルシンキング」精読
事前課題2:条件に合うドキュメントを都探し、用意する。

■カリキュラム

  1. ロジカルシンキングの全体像、ねらい
  2. ワーク;ドキュメントチェック
    • イシュー→メインメッセージ→キーライン→因果関係
  3. グループワーク:相互コメント
    • メインメッセージ/キーラインの適否/因果関係
  4. ワーク:ドキュメント修正
    • 指摘をもとに、寄りよりドキュメントに修正/作り直し
  5. プレゼンテーション
  6. 全体のまとめ

 

21st 9月2012

問題解決ワークショップの詳細

by paco

社内にある実際の問題を持ちよって、全員で検討し、よりよい解決策を立案するワークショップ。問題解決の手法の理解と、解決策の立案を同時に行う。クライアントのニーズによって、「手法の理解」と「よりよい解決策」のいずれに重点を置くかをあらかじめ決めておくことで、焦点がぼけない研修が行える。

あらかじめ、人材育成部門や現場リーダー、講師との間でどの問題を扱うか、決めておく。その上で、どのような方向感で問題分析と提案を行うか、大筋を合意しておく。その後、研修当日に、メンバーで自由に議論し、方向感は踏まえつつも、大胆な結論も含めて、検討する。実際の課題を扱うため、参加メンバーを十分厳選し、学びとアウトプットのバランスなどを合意した上で、当日に望むことが望ましい。受講者が手法を理解すれば、その後は社員主導でワークショップを開催して問題を解決できるようになる。

■ねらい

  1. 社内の具体的な問題について、どのようにアプローチするか、原因分析と解決策の立案を学ぶ。
  2. 論理性と実現可能性の両立したプランを立案する。
  3. 解決策をドキュメントにまとめ、発表する(研修で終わることなく、取締役など上位にプレゼンする機会を作れるとなおよい)。

■対象

ロジカル問題解決など、問題解決を学んだ経験のある方
中堅社員(おおむね入社5年目以降)以上
主に:中堅社員、マネジャー、アラカルト型研修

■標準仕様

日数:1日(ドキュメントを作らない場合、半日でも可能)
人数:6~30名まで
事前課題1:「はじめてのロジカル問題解決」精読
事前課題2:扱う課題についての、各自の考えをまとめてくる。

■カリキュラム

  1. ロジカル問題解決の全体像、ねらい
  2. 「問題」のアウトライン、これまでのハイライトをプレゼンテーション
    • 「問題」に詳しいリーダーなどから、ことの経緯の大筋を紹介する。
    • ほかの受講者からの質問と応答。
  3. 「問題」の分解
    • 「問題」をいくつかのフェーズやパートに分け、議論チームを決める。
    • フェーズごとに分科会に分担し、分科会で詳細な検討を行う。
    • 問題の所在→因果関係→レバリッジポイントの確定→解決策の立案
    • ディスカッション内容をドキュメントかする(記入フォーマットは用意する)。
  4. プレゼンテーション
    • ドキュメントをプレゼンテーション
    • その場で質疑、分科会メンバー以外からの修正案、解決策の提案
    • ドキュメントの完成
  5. 全体のまとめ
21st 9月2012

ドキュメンテーション研修の詳細

by paco

受講者が、自らつくったドキュメントを持ちより、ピラミッドストラクチャと因果関係の観点からドキュメントの論理構成を分析した上で、それを改良し、伝わりやすいドキュメントに改訂して、発表するという一連のプロセスを実践する研修。ロジカルシンキングを学んだ人であっても、実務でドキュメントをつくると論理構成ができていないことが多い。自分のつくったものを検証することで、実践力をつけるできる研修。

これに加えて、講師が受講者にアドバイスする以上に、受講者同士、アドバスし合うことで、ドキュメントの課題に気付く力、それを端的な言葉で指摘する力、指摘し合うマインドを養います。

■ねらい

  1. ピラミッドストラクチャを実際の企画書やメールに応用する方法をつかむ。
  2. 受講者同士、互いにたがいのドキュメントの不備を指摘し合い、よりよいものにするアイディアを提示する方法を学ぶ。
  3. 受講者(社員)同士、知恵を出し合うマインドセットをつくる。

■対象

ロジカルシンキングを何らかの形で学んだ方が対象
全年齢、全階層
主に:若手中堅社員、アラカルト型研修

■標準仕様

日数:1日
人数:6~30名まで
事前課題1:「はじめてのロジカルシンキング」精読
事前課題2:条件に合うドキュメントを都探し、用意する。

■カリキュラム

  1. ロジカルシンキングの全体像、ねらい
  2. ワーク;ドキュメントチェック
    • イシュー→メインメッセージ→キーライン→因果関係
  3. グループワーク:相互コメント
    • メインメッセージ/キーラインの適否/因果関係
  4. ワーク:ドキュメント修正
    • 指摘をもとに、寄りよりドキュメントに修正/作り直し
  5. プレゼンテーション
  6. 全体のまとめ
21st 9月2012

ロジカルシンキングセミナーday2 の詳細

by paco

レギュラーコースのロジカルシンキングセミナーは、2日間仕様もある。2日目には事前課題として実在する「G・I社」の経営戦略を分析してきた上で、それを午後4時間かけてたっぷり深めるコースである。分析とディスカッションを通じて、受講者はキーワード思考から本質を見極める思考に変っていく。因果関係を確認しながら分析を進めると、最後には、一見突飛に見えたビジネスモデルが、精緻に検討され、かつ王道のビジネスモデルであることが理解できるようになる。考えることの深さと、それを通じて得られる「腹落ち」という果実を味わえるコース。

■ねらい

  1. ピラミッドストラクチャと因果関係を使って、深く考え抜き、本質をつかむ。
  2. 詳細な分析結果を的確な文章に書いて説明する。
  3. オーラルコミュニケーションのポイントをつかむ。

■対象

ロジカルシンキングを何らかの形で学んだ方が対象
通常はロジカルシンキングセミナーのday2として行うが、単独での開講も可能。
全年齢、全階層
主に:新入社員後期研修、若手中堅社員、アラカルト型研修

■標準仕様

日数:1日
人数:6~30名まで
事前課題1:「はじめてのロジカルシンキング」精読
事前課題2:「ケースG・I社」を読み、経営戦略を説明するピラミッドストラクチャをつくる。

■カリキュラム

  1. ロジカルシンキングの全体像、ねらい
  2. オーラルコミュニケーション
    • 演習「議論のイシューをつかむ」→議論を聞き、リアルタイムでイシューをつかむ。
    • 発言量が多い中、瞬時にイシューをとらえる訓練をする→会議を仕切る必須のスキル。
    • 演習「対立するイシューをつかむ」→ドキュメンタリVTRをみて、議論の対立点をつかむ。
    • 対立を乗り越えるイシューをつかむ。ゼロベース思考のアプローチをつかむ。
  3. ピラミッドストラクチャ上級演習
    • 演習「G.I社」
    • ベンチャー企業の設営にありがちな「スピード経営」「独自のビジネスモデル」などのキーワードから、分析を開始し、因果関係図を書きながら、ビジネスの本当の勝ちパターンをつかむ。
    • 大きなピラミッドストラクチャをグループワークでつくる。
    • つくったピラミッドストラクチャを文章化する。
    • プレゼンテーション。
  4. 全体のまとめ

 

ページ:123»