02nd 1月2010

2010年 新年のごあいさつ

by paco

(by paco)新しい年になりました。恒例の新年のごあいさつを書いていきたいと思います。今年も、僕と接点をもつ皆さんとともに、しっかり前進していきたいと思います。

去年、2009年は、大きな変化が多くの人の目に見えるようになった年でした。米国ではブッシュの時代が終わってオバマ政権が誕生し、日本では自民党の時代が終わって民主党の時代がやってきました。政治的な大変化の時代に、僕たちは生きています。

変化の時代こそ、僕のような辺境を生きてきた人間が強い時代と思って来ました。ちなみに、渡辺という姓は辺境を渡るという意味ですから、いわゆる防人、国境警備隊の武人の姓です。武人といっても、まあ要するにぱっとしない地方行政官でしょうね。平安時代あたりに、紙切れひとつで蛮族が住むと勝手に勘違いしていた地方に派遣されていたのでしょう。平安貴族の時代はやがて終わって武士の時代になるわけですが、そういう変化の時代に、今僕たちは立ち会っているのだと思います。

(さらに…)

02nd 1月2009

2009年 新年のごあいさつ

by paco

(by paco)あけましておめでとうございます。2009年、今年も、僕と接点をもつ皆さんに、たくさんが充実した時間を過ごせますようにお祈りしています。

さて、恒例の新年のメッセージです。

■2009年を展望

2009年はどんな年になるの?と考えてみると、世間的には悲観的な展望が多く、今年いっぱいは経済は回復せず、世界は低迷と混乱を極めるという予想になっています。

去年2008年の後半に、サブプライム問題が決壊して、世界経済は大混乱に陥っています。日本もあおりを受けて、株は低迷するし、トヨタをはじめ、主要輸出産業を中心に、V字ではなく、Λ字の失速状態です。

(さらに…)

02nd 1月2008

2008年 新年のごあいさつ

by paco

(by paco)あけましておめでとうございます。2008年、今年も、僕と接点をもつ皆さんに、たくさんが充実した時間を過ごせますようにお祈りしています。

さて、恒例の新年のメッセージです。今年は一段と長くなりそう。いつもは前年のレビューをしてから今年の話を書くのですが、今年は先に、これからの話を書いてから、去年のレビューにします。

■2008年の、「今」を展望

年初ということで、ざっくり世界の今を展望したみたいと思います。

(さらに…)

02nd 1月2007

2007年 新年のごあいさつ

by paco

(by paco)あけましておめでとうございます。21世紀に入った、と思っていたのが、もう2007年という年になり、21世紀心も定まりぬ、という感じでしょうか。平成も、今年で19年で、いつの間にか大正の長さを超えてますね。

例によって、去年2006年の報告と、今年のプランを、年の最初に書いておきたいと思います。ちなみに、2006年の年初に書いたのは、こんな内容でした。

■2006年は、広がりつつも、迷いの年

P10207462006年ってどんな年だった?と一言で言えば、たぶん、2005年以前とは少しずつ変化しつつある、新しい芽がいろいろ出てきた年だったと思います。

(さらに…)

ページ:«1234»